企業情報

企業情報

社長メッセージ


アクティブブレインズは、1998年の創業以来、一貫してICT(Information & Communication Technology)を活用した「より良い教育」「より実りある学び」をテーマに活動して参りました。
社会の成熟化、少子高齢化、国際化といった変化の中で、児童生徒から社会人まで学びの在り方が問われています。ICTは、学びを支援する道具に過ぎません。しかし、この道具は教育の質を高め学びの成果を上げる力を持っています。また、学習に対して苦手意識がある子どもたちに、学ぶことの楽しさを気づかせる魅力を持っています。
アクティブブレインズは、約20年にわたりICTを活用した教育現場で培ったノウハウと、教育・学習分野に特化したシステム開発技術、コンテンツ開発技術を活かし、「より良い教育」「より実りある学び」をサポートする製品やサービスをご提供して参ります。

2016年7月
<代表取締役社長 平山喬恵>






アクティブ ウェイ(Corporate Identity)


私たちの使命(Mission)


私たちアクティブブレインズは、子どもたちが学ぶことに興味を持ち、学ぶことが楽しいと感じ、学びを通じて夢を描くことができる社会の実現を目指します。そのために私たちは、常により良い学びの方法とその実践に必要な技術やサポートを探求し提供して参ります。

・Challenge(挑戦)

 変化を楽しみ、より新しい価値、より高い満足を提供するために挑戦し続ける。

・Interesting(楽しい)

 活用する立場になってサービスを俯瞰し、心地よいワクワクするサービスの提供を行う。

・Profit(利益)

 共に挑戦するステイクホルダーに還元できる利益を創出する。





経営の方針(Vision)


私たちアクティブブレインズは、教育・学習分野において、常に時代の変化を敏感にとらえ、先進的なサービスやサポートを提供するための努力を惜しみません。
そして、ICTサポート(ICTを活用した教育・学習の支援)分野における 「First Call Company」 として、社員はじめステイクホルダーに利益を還元し、喜んでいただける会社を目指します。





大切にする規範(Value)


私たちアクティブブレインズは、以下の5つの規範を大切に考え行動しています。

・Honesty(誠実)

 私たちが関わっているすべての人々に対して、常に正しく誠実であること。

・Thanks(感謝)

 私たちが関わっているすべての人々に対して、感謝の気持ちをもつこと。

・Passion(情熱)

 私たちが関わっているヒト、モノ、コトに対して、熱い情熱を抱くこと。

・Pride(誇り)

 私たちが考え行動していることに対して、常に誇りをもつこと。

・Curiosity(好奇心)

 私たちを取り巻く社会やその変化に対して、好奇心を持ち続けること。





社名の由来


ActiveBrains


アクティブな頭脳集団であることを指し示しています。 “Brain”にあえて”s”を付けて複数形にして使うことで、ひとりの頭脳ではなく複数の頭脳が集まり、より強固で安定感のある組織集団であることを意味しています。
また、日本語でも英語でも「あ」「A」から表記がスタートするため、目に留まりやすいということも考慮に入れています。





ロゴの由来


company_02


ロゴの色は、見るたびに人の心をハッピーにしてくれる虹の7色を使用しています。
“ I ” は、アクティブブレインズが成長していくうえで欠かすことのできない要素を表しています。

・Information (情報)
・Interesting (楽しさ)
・Imagination (想像力)
・Interaction (相互作用)
・Innovation (革新)





会社概要


会社概要


社名 株式会社アクティブブレインズ(ActiveBrains Co.,Ltd.)
所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内二丁目4-1
丸の内ビルディング910    
アクセスマップ
Tel:03-6259-1980 Fax:03-6259-1981
代表者 代表取締役社長 平山 喬恵(ヒラヤマ タカエ)
設立日 1998年 8月 3日
資本金 1000万円
事業内容 ・教育サポート事業
・ソリューション開発事業
・アミューズメント事業
認定等
プライバシーマーク 1082323
ISO9001 Q2460(キャリアデザインは範囲外)
“社員いきいき!元気な会社”宣言企業 千葉県6-80
千葉県中小企業「経営革新計画」認定企業
関東経済産業局「経営力向上計画」認定企業
関連団体 千葉市産業振興財団
千葉県産業振興センター
千葉商工会議所
千葉県経営者協会
千葉県情報サービス産業協会
千葉県職業能力開発協会
日本キャリア開発協会
全日本情報学習振興協会
中小企業庁ミラサポ




アクティブブレインズの歩み


〈 PCママサロン 〉
アクティブブレインズは、創業から一貫してICTを活用した教育事業を行って参りました。創業当時は、PC操作の苦手な人がたくさんいらっしゃいました。創業から約12年間、パソコン教室「PCママサロン」を全国60か所にフランチャイズ展開し、地域密着で主婦・シニア・子どもたちのPCスキル向上を支援してきました。「PCママサロン」では、100種類を超えるカフェテリアスタイルのカリキュラムを各自のスキルや目的に合わせてご提供してきました。本カリキュラムのもと延べ1万人強の受講生が学んでいました。


PCママサロンロゴ
オリジナル教材とCD


〈 ICTサポート 〉
1998年、パソコン教室のフランチャイズ展開とほぼ同時期に、教育の情報化がはじまり小中学校にパソコン教室が設置され始めました。学校のパソコン教室にインストラクタを派遣し、学校でのICTサポートがスタートしました。これが現在も継続しているICTサポートのはじまりで、これまでに6,500校でのサポートを行ってきました。


中学校パソコン教室
普通教室でICT活用


〈 若者就労支援 〉
2010年頃からは、若者の就労に目を向け、若者就労支援を事業領域に入れ厚生労働省の委託事業「地域若者サポートステーション」をスタートしました。15歳から39歳までの若者が支援対象者で、5年間で延べ42,000人の就業支援を行ってきました。


高校でのコミュニケーション講座
サポステ漫画「前田さんが行く」
← 画像をクリックすると漫画が読めます



このようにアクティブブレインズは、社会のニーズや変化に合わせた新事業を行って参りました。事業を立ち上げる時に必要だったことは、新しいことに挑戦するベンチャースピリットでした。どの分野においても、他ではやっていない新しいことを仕掛け、お客様に喜んでいただくために最高のサービスを提供してきました。
これからも、私たちアクティブブレインズはその精神を忘れずにチャレンジし続けます。





沿 革


1997年 4月 自宅の一室を利用したパソコン教室を開校
5月 公共機関のテンプレート制作開始
1998年 8月 有限会社アクティブブレインズ設立
1999年 4月 PCママサロンがIPA「情報学習サポート事業」として認定
6月 PCママサロン全国展開開始
10月 首都圏中心に学校情報化サポート開始
2000年 2月 (財)ひまわりベンチャー育成基金助成事業に認定
3月 eラーニングコンテンツ開発開始
5月 社団法人日本テレワーク協会 第1回テレワーク推進賞優秀賞受賞
6月 PCママオリジナル教材開発
10月 (財)全日本情報学習振興協会の検定試験認定校に登録
2001年 3月 「PCママ」「PCママサロン」商標登録
7月 全国中小企業団体中央会「新規成長産業連携支援事業」に認定
2002年 11月 本社幕張新都心へ移転
2003年 2月 (社)日本テレワーク協会マイクロビジネスエージェント審査合格事業者に認定
2004年 2月 株式会社アクティブブレインズに組織変更
2005年 1月 全省庁入札参加資格取得、千葉県入札参加資格取得
5月 厚生労働省、一般労働者派遣事業者許可取得 、千葉市入札参加資格取得
6月 内閣府男女共同参画局 女性のチャレンジ支援賞を受賞
 内閣府男女協同参画局
「女性のチャレンジ支援賞」
 受賞
2006年 9月 本社を海浜幕張のWBGマリブウエスト28Fに移転
11月 千葉県「社員いきいき!元気な会社宣言企業」に認定
2007年 5月 (社)千葉県情報サービス産業協会(通称CHISA)に入会
2008年 10月 オフィスを増床してコミュニケーションスペース「kaanapali」開設
2009年 5月 プライバシーマーク付与認定(認定番号 第10823236(01)号)
8月 「kaanapali倶楽部」設立 音楽活動スタート
2010年 6月 厚生労働省 職業訓練実施校として訓練開始
2011年 4月 厚生労働省・千葉県委託事業「ちば地域若者サポートステーション」の運営開始
2012年 4月 厚生労働省・千葉県委託事業「ちば地域若者サポートステーション」でのアウトリーチ事業開始
2013年 4月 品質マネジメントシステム ISO9001取得
4月 厚生労働省認定事業「ちば南部地域若者サポートステーション」木更津に開所
7月 厚生労働省認定事業「ちば南東部地域若者サポートステーション」茂原に開所
2014年 4月 提示用教材作成ツール「あなうめ君ver1.0」リリース
5月 時間割教材設定ツール「めくりんver1.0」リリース
9月 ICT支援員業務管理ツール「ほうれんそう君ver1.0」リリース
2015年 4月 教育員向けデータ保存ツール「たまって箱ver1.0」リリース
8月

ICT支援員教育用 ムック本「ICT支援員 必須39のメソッド」完成

9月 ICT支援員業務管理ツール「ほうれんそう名人ver1.0」リリース
11月

統合型ICT活用支援システム「アクティブステーション」
特許出願(特願2015-232479)

2016年 4月 統合型ICT活用支援システム「アクティブステーション」リリース
9月 経済産業省中小企業庁「経営革新計画(ビジネスプラン)」千葉県より認定
12月 関東経済産業局「経営力向上計画」認定
2017年 5月 「教育ITソリューションEXPO」ビックサイト出展
6月 「ふぅーにゃん ver.1.0」リリース
6月 「単元パレット ver.1.0」リリース
6月 「AIAIモンキー ver.1.0」リリース
8月 東京都千代田区丸の内2丁目‐4‐1 丸ビルに営業所開設



組織図






社長プロフィール


本名 平山 孝江 (平山 喬恵はビジネスネーム)
家族 夫、娘2人、ネコ2匹
出身校 千葉県立千葉高等学校
国立大学法人千葉大学(社会学専攻)
好きな言葉 継続は力なり!
趣味 ガーデニング、写真、旅行
活動 バンド活動ベーシスト(ときどきライブハウスや野外ライブに出演)
著書 「研究をビジネスに 起業をビジョンに」 共著 丸善プラネット
「千葉大発 ベンチャービジネス実践論」 共著 日刊工業新聞社
「ICT支援員 必須39のメソッド」 千葉大学教育学部 藤川教授 監修
「ICT支援員の本当にあった恐い話」
関連資格 SCORMアセッサ資格認定合格 日本イーラーニングコンソシアム(2010.3)
厚生労働省指定JCDA認定キャリア・デベロップメント・アドバイザー(2007.8)
初級システムアドミニストレータ(2004.5)
CompTIA A+(2003.11)
委員等 (財)千葉市産業振興財団 理事(2004.4~)
千葉大学大学院 非常勤講師「ベンチャービジネス論」「起業論(2006.7~)
千葉大学教育学部附属教員養成開発センター 特別研究員(2017.7~)
千葉大学SEEDS基金 後援会委員(2007.10~2013.3)
千葉大学経済人倶楽部 副会長(2009.6~2013.6)
千葉県立泉高等学校地域連携アクティブスクール推進協議会委員(2012.4~2016.3)
千葉県子ども・若者支援協議会委員(2012.1~2016.3)
千葉市子ども・若者支援協議会委員(2012.2~2016.3)
千葉県地域ジョブ・カードセンター運営本部 委員(2008.7~2011.3)
IPA「中小企業の情報セキュリティ対策に関する研究会」委員(2008.7~2011.3
職業訓練法人テクノピラミッド運営機構 役員(2009.7~2011.3)
文部科学省「学校のICT化のサポート体制の在り方に関する検討会」構成員(2007.10~2008.3)
すぎなみ子育てサイト事業者選定委員会 委員(2006.7~2009.3)
千葉県情報科カリキュラム運営指導委員(2006~2007)
千葉県教育戦略ビジョン策定作業部会委員(2006.8~2007.3
千葉県中高一貫教育研究会委員(2005~2007)
千葉県女性センター運営委員(2005.1~2006.3)
千葉県男女共同参画計画策定作業部会委員(2005.9~2006.6)
他 多数





アクセス



住所・連絡先
〒100-0005 東京都千代田区丸の内二丁目4-1
丸の内ビルディング 910
Tel:03-6259-1980 Fax:03-6259-1981