千葉大学附属小学校でAIAIモンキーを使った道徳授業を実施

3月12日、千葉大学附属小学校の5年生のクラスで
「AIAIモンキー」を活用した道徳の授業が行われ
多くの報道の方々がいらっしゃいました。
NHK報道局社会部、読売新聞千葉支局、千葉テレビ報道局、教育新聞社

授業では、車椅子の方が1時間もエレベータに乗れずに
待たされたというビデオ教材を視聴後、
その状況下でどうすべきであるかを児童に考えさせ
その考えをタブレットに入力していきました。

タブレットに入力されたテキストはテキストマイニングにより
形態素解析が行われ、各キーワードがバブルとなって表現されます。
その内容を見て話し合い活動を深めていきます。

道徳教育推進教師である八木橋教諭が
とても活気のある授業を展開されていました。


授業の様子


教育新聞
千葉テレビ